社長日記

トップ ≫ 社長日記  ≫ 【失敗は成功への近道】

社長日記
2016.3.22

【失敗は成功への近道】

昨年9月「企業生存率」に関する内容を社長日記にてお話しましたが覚えていますか?(まだ見ていない方は“社長日記”リンクをクリック~クリック~♪)

会社を倒産させずに事業を継続させることは意外と難しい!って話からいろいろお話をさせて頂きましたが、今日はそんな起業当時のお話をしたいと思います。

唐突に起業時の話をしようかと思ったのは最近、前職同僚が満を持して(?)会社を立ち上げたからです。創業から3、4カ月経つようですが色々苦労をしている話を聞きました。

そんな話を聞くと思い出すのです。
「あの頃の失敗が役立ってるな~」と。

ところで、今年1月の社長日記においてこんなことを書きました。

 

「私自身は会社が3~4年目に苦い経験をしました。
その頃、会社は毎月赤字でした。
月末に部下へ給与振り込みをした後の通帳を見ると残高は数万円しかないのです。ということは、自分のお給料を引き出せるわけもなく、、そんな苦しい時期は数カ月続きました。」

 

今回は、そんな苦しい時期よりもっと前の創業1年目のお話をしたいと思います。

 

まず初めは採用について。
創業当時は私一人での立ち上げでしたが、間もなく前職同僚から話をもらいその同僚のお姉さんを営業事務として最初に雇用しました。
今考えると面接らしい面接をすることなく、採用してしまった事を後悔しています^^;

案の定、採用理念もなく、しっかり採用面接も行わなかった私は3カ月も経たずにまた一人になりました。。

それ以来、何度か知人を採用しましたが、今では縁故知人は一切採用しないルールとなっています。採用しない理由は「能力の有無」ではなく、既に人間関係が出来上がっている知人と新たに仕事を通じて人間関係を構築していくのはなかなか難しい事が最大の理由です。(知人を面接して落とすという行為も心苦しいですしね、、苦笑)

 

次はクライアント様について。
起業して数か月が経過した頃、同じ銀座で起業して1、2年経過していた会社がクライアントになりました。当時29歳か30歳だった私と近い年代の社長さんでしたので意気投合して良い関係を築いていました。

その会社は、美容室の中古機器販売やコンサルティング事業を行っていた会社でした。お取引してから数か月後「一緒に媒体(サイト)を立ち上げませんか?」という協業のお話を頂きました。
流石に創業して1年も経っていない会社でしたから「まずは本業に集中しないと!」と思い、この協業のお話はお断りさせて頂きました。それから3カ月も経たないうちに、その社長は飛びました。はい、失踪です(笑)連絡が取れなくなりました。。

幸い失踪前にその会社の会長さんと面識がありましたので、既にご請求していた広告代金は交渉に交渉を重ね、なんとか頂くことが出来、1年目での「債権回収不能」という最悪の事態は免れました。
しかしながら、私の判断が間違っていたら弊社が1年目で潰れる様な、、もっと酷い事態になっていた可能性もありました。

ちなみに、彼の肩書は「代表取締役」でしたが、会長の出資した会社で“雇われ社長”だったようです。そもそも有限会社で会長職があるのが気になっていましたが、、苦笑

 

そんな1年目の失敗を経て、弊社はもうじき創業から11年が経過します。そこで分かった事は「本を見たり人から聞いた事=体験していない事は身にならない」と思っています。
勿論、人から見聞きする情報は大事なんですが、最終的には成功体験も失敗体験も自分で経験した事が一番重要だと思っています。

私は、顧問の会計事務所のご担当者さんに経営相談した時、若い頃はアドバイスをなんとなく聞くだけで、あまり実践しませんでした(Yさんごめんなさい、笑)アドバイスよりも「自分のやりたい」気持ちが先走っていたんですね。

でも、後悔はしていません。その時に自分が決断した事ですし、他人任せにした決断ではなかったので後悔はしていません。(ただ、反省はしています。無駄なお金もいっぱい飛びましたし、、苦笑)

それでも、会社を潰す様なことがなければどんどん失敗はすべきだ!と思っています。
弊社の入社時のガイダンス資料にこんな言葉があります。

 

「業務で失敗しても問題ありません。
“やらずに悔やむよりやって悔やむ”事を意識して下さい。
社長以外は、会社を潰すような失敗は起こしません。
当社は、“失敗の質”と“失敗後の行動”を重視します。」

 

今日までの失敗は、成功への近道だと思っています。
いつか大きな失敗をして会社を潰す前に、小さな失敗を何度も繰り返して大きな失敗をしないよう学習をしています。勿論、同じ失敗は一度だけと心掛けています!(ホントは一度も失敗しないのが理想ですが、、)

創業以来、幾度も会社の危機がありましたが、極論を言えば「私自身が死ぬ訳では無い」ので、いつの間にかピンチを楽しむ思考になってきました(笑)こんな事は今しかない!今を精一杯楽しもう!なんて思考です。

 

最後に・・・
実は、今年の春から夏にかけてちょっとしたピンチが訪れるんですが(関係各位ご安心ください!笑)上記でお話したように楽しむ思考になっています。ホントは会社の一大事なんですが「あ~困った!困った!どうしよう、、」とあたふたしても仕方がないですから、このピンチを乗り切れば私も会社も一回り成長できる!とポジティブに前を向いています。お客様&関係者各位、別に会社が潰れるようなピンチじゃないですからご安心を!(*^_^*)

【日付検索】



社員日記

採用情報

当社が紹介されました。