社員日記

トップ ≫ 社員日記  ≫ 【「銀座」で検索してみました! ラーメン編】

社員日記
2016.1.4

【「銀座」で検索してみました! ラーメン編】

2016年を迎え、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
忘年会&新年会シーズンの今、体重が増えそうで怖い広告運用部のこうへいです。

さてさて【「銀座」で検索してみました!】シリーズは今回で4回目です。今回のテーマはみんな大好きなあの麺類です!

と、そのまえにグーグルで「銀座」と入力すると次候補ワード(銀座の次に出てくるワード)には何が出ると思いますか? 結果は以下の通りです。

第1位 ランチ
第2位 ラーメン
第3位 カフェ
第4位 三越
第5位 映画

個人的には面白い結果だなぁと感じているのですが、みなさんはいかがでしょうか?
興味深い点としてはブランドの直営店が立ち並ぶ銀座で、ラーメンが第2にあることです。高級な繁華街としても知られる銀座。ですが、最近では新ラーメン激戦区として各地の実力店、有名店の開店ラッシュが続いているそうなんです。

弊社から銀座駅に向かう途中で毎日行列が出来ている大人気のラーメン店があります。2013年3月に開店して、2カ月ちょっとの短期間で食べログ銀座ラーメンランキングを制覇した、某有名店です。
実際に私も食べたのですが、納得のお味でした。

というわけで今回のテーマは「銀座のラーメン」にしたいところですが、この有名店は多くの方がレビューされていますので、もうすこし穴場的なスポットをご紹介してみようと思います。

「ランチ×ラーメン×カフェ」

次候補ワードの上位3つを掛け合わせてみました!(笑)
これで検索をかけて一番上に出てきたお店…。
今回ご紹介するお店は昭和通り沿いにある「プルーカフェ(Pour cafe)」です!

 

 

オープンテラスと赤い扉、高い天井が明るさを感じさせる、オシャレなアメリカンチックなまさにザ・カフェ。
でもなぜ、ラーメンというワードでこのカフェがトップにきたのでしょうか?
実はこのカフェ、弊社と同じビルの1階にあるのですが、いままで特に行く機会もなくメニューなんてみることもなかったのですが、よく見てみると…。

 

 

上から3つ目にご注目!
カフェメニューの中に紛れ込むようにある「ラーメン」の文字
そうなんです、ここ、実はカフェ&ラーメンのお店だったんですね。

しかも山形ラーメン

みなさんは、山形ラーメンをご存知ですか?
最近巷で密かなブームを巻き起こしているラーメンで、冷やしラーメンとして特に有名です。

 

 

こんなアメリカンなオープンカフェで山形ラーメンを出すとは、なんともミスマッチで…一抹の不安がよぎります。
ところがびっくり、これが実は穴場のカフェラーメンだったんです!

こちらプールカフェの「山形水ラーメン」です。

 

 

山形独特の冷たいラーメンに出汁で作った氷を浮かべているため味が薄まることもありません。オリーブオイルで作った香味油を使うなどカフェの要素を盛り込んでオリジナリティも出しています。びっくりするくらい出汁がじんわり和風で体に染み込む優しいお味。
正直、カフェで出てくるとは思えないほどラーメンとしての完成度が高いです。

こちらは変わり種で、少し冒険気分で注文した「トマトラーメン」。

 

 

濃厚なトマトスープにとろーりチーズとカリカリのベーコンと刻んだ季節の野菜がのっています。ほのかに漂うのはバジルの香りでしょうか。名づけるならイタリアラーメンといったかんじ。
実はこのラーメン、イタリアンとはいっていますが裏に隠れている和風出汁がトマトと混ざりあって、なんとも言えない深いまろやかさを出しているです。
酸味ばかりが強いこの手のラーメンとは違った野菜の濃厚さがギュッと詰まった飽きのこない逸品です。

最後はロコモコ!!

 

 

これはまさに内装にぴったりの料理ですね(笑)。

ラーメンとカフェというミスマッチの空間で、お互いの良さを掛け合わせたようなプールカフェの「山形水ラーメン」と「トマトラーメン」。

この二つはラーメン激戦区である銀座で堂々と勝負できるものだと感じました。
ですが、あくまで「カフェ」というジャンルにカテゴライズされているところが、このお店の「売り」なのかなぁと。
店内は若い女性のお客さんが多いのも納得といった感じです。

リスティング広告を出す場合にも、こういった他にはないオリジナリティがあると注目されやすいですよね。

銀座のラーメンで迷ったら、ちょっとゆっくりカフェ気分で本格ラーメンが食べられるプールカフェはおススメです。特に「トマトラーメン」は私の中でも上位のラーメンとなりました! ぜひ、ご賞味ください。

では、また。

【カテゴリ検索】

【日付検索】



社長日記

採用情報

当社が紹介されました。