社長日記

トップ ≫ 社長日記  ≫ 【四十にして惑わず】

社長日記
2015.12.18

【四十にして惑わず】

こんにちは筒井です。
2015年12月10日にとうとう40歳になってしまいました(笑)
29歳にこの会社を立ち上げて、とうとう20代、30代、40代と時間が流れていきました(涙)
ネット業界での時間の流れ方は、人間よりも1年のサイクルが早い“犬の一生”のように喩えられ「ドッグイヤー」と呼ばれますが、本当に1年が早いです(苦笑)

ところで、40歳は「不惑」と呼ばれます。
ご存知の方もいらっしゃいますでしょうが「不惑」とは中国の思想家・孔子の論語に書かれている「四十にして惑わず」からきています。

不惑になって改めて思う事は、言葉の通り“何が起きても動じることなく物事に対応出来る力がついているな~”としみじみ感じます。自画自賛でスミマセン(笑)

過去に20代、30代のどこかで「四十にして惑わずとか絶対にムリ!!!」みたいなことを思っていたので尚更、自分の成長に驚きを感じています。(自画自賛2回目、笑)

なぜ「四十にして惑わず」と心から思えるようになったのかを自分なりに分析をしてみたところ、2つの真実に気が付きました。

 

1つ目は、起業してから10年半の歩んだ道は何事にも代え難い貴重な体験だったんだと強く感じています。
この10年の中で決算対応、銀行との融資交渉、人材採用活動、人材ミスマッチ時の離職対応、未入金クライアントの督促対応、オフィス移転対応、企業信用調査会社への対応などなど、、、挙げたらキリがありませんが、経営者だからこそ出来る体験を日々しているうちに問題が起きた時に“迷い”が減っていました。

昔は1日、2日、長い時には1週間悩む、、、ようなことが多かったような気がしますが、いつからか即断即決で物事を判断出来る力がついているように感じます。

また、ここ数年は冷静に物事を判断出来る力も備わってきたように感じます。特に物事を俯瞰から見るマクロな視点も得意技になりつつあります(苦笑)

 

2つ目は、長年リスティング広告に従事していることが大きな影響を及ぼしていると感じています。
リスティング広告は、全て数値化(可視化)される広告です。「どれくらいの人に広告が表示されて」「どれくらいの人がクリックをして」「どれくらいの人がモノを買ったのか」が分かるような広告ですから、適当な考えで広告掲載することはとても危険なのです。

従って、この業界で働いているうちに「論理的思考」を用いて様々な物事を判断している事に気が付きました。リスティング広告を含むビジネスの基本にPDCAサイクルというものがあります。簡単にご説明しましょう。

 

Plan(計画)

 ↓
Do(実行)
 ↓
Check(評価)
 ↓
Act(改善)

 

リスティング広告(または事業)を行うにあたって仮説を立てて、その仮説に基づいて計画実行し、その効果検証をしっかり行い、新たな仮説を立てて再度計画を実行していくというサイクルです。

この様なPDCAサイクルを回す上で重要な事は「論理的思考」をもって計画を立て、効果検証をすることです。その時々の思いつきだけのアイデアだけでは成功に導けません。

現状を踏まえて、実現可能なアイデアをどう実行するのか?実行して可否をいつ判断するのか?判断材料は何なのか?などなど理詰めで考えを巡らせていきます。

ちなみに・・・
その論理的思考は、日常生活から展開している事が私の最大の強みかもしれません。
例えば、、師走の代名詞「年末ジャンボ宝くじ」がよく当たる事で有名な売り場について論理的思考を展開していきましょう。

 

【疑問】西銀座の売り場がよく当たるのは真実か?
 ↓
なぜ特定の売り場だけ当たるのか?
 ↓
特定の売り場だけ当たる弊害は?
 ↓
財団法人が運営する公共性の高い事業として違法になる可能性大(仮説)
 &
他の売り場から苦情が出てくる可能性大(仮説)
 ↓
従って特定の売り場だけ当たる訳では無いだろう(推測)
 ↓
では、なぜ「当たる売り場」が存在するのか?
 ↓
多くの人が買うから多くの当選者が出ているのではないか?(仮説)
 ↓
多くの当選者が出ている売り場で買う人はヘビーユーザーが多く
1人当たりの購入額が多い=沢山の宝くじを買う傾向にある
 ↓
【結論】当たる売り場と当たらない売り場の格差は明確になる

 

少し長くなりましたが、オフィス近くの宝くじ売り場を見ながらこんな事を考えていました(笑)今回は宝くじの売り場のお話でしたが、私は日常から「考える」ことを意識しています。

上記のような経営者の経験+リスティングの経験が「不惑」な私を作りました。
これからもお客様の為に惑わない信念を貫いた経営を行いますので、40歳になった私にご期待ください!

【日付検索】



社員日記

採用情報

当社が紹介されました。