社員日記

トップ ≫ 社員日記  ≫ 【「銀座」で検索してみました! 穴場編】

社員日記
2015.11.5

【「銀座」で検索してみました! 穴場編】

お久しぶりです、広告運用部のマイマイです。
季節はすっかり秋ですね~。
食欲が一番増強する時期…(危険)

早速ですが、みなさま!
「銀座」と聞いて何をイメージしますか?

お恥ずかしながらワタクシ、東京アドに勤務するようになるまでほとんど銀座には縁がなく…ザギンでシースー的な発想しかなく…(どんなだ)

そこで今回は「銀座 穴場」と検索してみました!
出てくる出てくる。
おすすめのカフェや観光スポットが盛りだくさん。

でもでも、、、
その中で絶~対に外せないのは何といっても「歌舞伎座」でしょう!
ここです!!ど~~~ん!!

 

 

今回は、銀座を代表するスポット歌舞伎座の中でも穴場スポットである「歌舞伎座ギャラリー」「木挽町広場」へ行ってきちゃいました♪
マイマイのレポート、スタートです!

 

【歌舞伎座ギャラリー(歌舞伎座タワー5階)】

こちらでは、2015年5月より「体験空間 歌舞伎にタッチ」という、老若男女みんなが楽しめるイベントを開催しています。
タッチということで、実際に舞台で使用される道具や衣装などを触ったり間近で見たりできるんです。

入って最初の展示物は、舞台に登場する「動物たち」。
目玉である実盛の黒馬(乗れます!)をはじめ、狐や鶏、鰹の開きまで(笑)さまざま。
また、動物の声を表現する「擬音笛」など、効果音の道具もあります。
えっ…蛙の鳴き声って、2枚の貝殻をこすり合わせて出すんですか!?びっくりです。やってみたら、ほんとに蛙の声に聴こえる~!! 感動!!

ん…これ…なんだろう…
猪って、こんな楽天的な目つきでしたっけ?他の動物とは明らかに違うゆるキャラ感。中に人が入るそうですが、出てきたら確実に笑っちゃうだろこれ!(笑)
かっこいい実盛の黒馬は歌舞伎座のサイトに載ってますので、私はあえて変化球でいきます

 

 

さらに進むと、今度は籠や舟などの乗り物系が。
おっ、籠に乗って写真を撮っている人もいますね~。
では私は舟に乗るとしますか!

 

 

お次は衣装!
豪華絢爛、極彩色、とにかく美しいお着物がド迫力で飾ってあります。
重そうだなぁ、なんて思っていたら、パネルにその重量が衣装のパーツごとに書いてありました。
詳しい説明は割愛しますが…うちかけ2枚、まないた帯、かつら、下駄、胴ぬきとすべて合わせて、なんと33.5kg!! 修行ですか!? 役者さん、すごすぎる…。

 

 

この他にも、実にさまざまな小道具がいっぱい!
中でも私の目を引いたのは、舞台で生演奏する楽器たち。
私マイマイ、中学・高校と吹奏楽部に所属しておりましたゆえ、やはり楽器は気になります。
すだれの小幕の裏には数々の和楽器。
もちろん1つ残らず触ってきました(笑)

 

 

演者の息づかいが聴こえてきそうな、年季の入った道具ばかり。
ファンの方でなくても興奮しちゃいますね、これは…。
ギャラリー自体はそこまで広くないので、1時間もあれば充分回れると思いますが、じっくり観察しているとつい時間を忘れてしまいますね。

 

【木挽町広場(歌舞伎座地下1階)】

ギャラリーを堪能してから向かったのは、歌舞伎座のおみやげ売り場「木挽町広場」です。
歌舞伎を観る人、待っている人、外国人、ちょっと通りがかった人などいろんな人で賑わっています。

 

 

ここでしか買えないおみやげがたくさんありますよ。
ぜひ行ってみてください!

リスティングと歌舞伎に共通点がないかと考えていたら…あったんです。
歌舞伎のことばの起こりである、かぶく=人と違うことをして目立つ、という点は広告においても成立します。
闇雲に奇抜さを求めるのではなく、時代や流行の中で人々に合ったものに対してオリジナリティーを加えて提供する…ほら、共通点です!
今回の取材で私は、思いがけないところに業務のヒントを見つけた気がしました。
(でも正直に言って、途中から仕事のことなんて抜けてましたけどね!笑)

長文おつき合いありがとうございました。
マイマイでした!

【カテゴリ検索】

【日付検索】



社長日記

採用情報

当社が紹介されました。