社員日記

トップ ≫ 社員日記  ≫ 【祝10周年!社員旅行inグアム ~魅惑の恋人岬編~】

社員日記
2015.8.17

【祝10周年!社員旅行inグアム ~魅惑の恋人岬編~】

本当にお久しぶりです!広告運用部の山崎です。
何と昨年12月から日記を書いていませんでした。
自分でもビックリしました(笑)

そんな中、弊社は10周年を迎えました♪
私が入社してから、もう7~8年ほど経つと思うと...あっという間でしたよ~。

今回の日記は、10周年の社員旅行について書きたいと思います。
弊社の太っ腹な社長が、何だかんだで“グアム旅行”に決定し、3泊4日の強行スケジュールで癒しの旅が実現しました!!!
有り難いですね~。

旅行会社は本業のインターネット検索で探し、素敵なツアー会社を発見!
(もちろん、リスティング広告はクリックしていないですよ。笑)

出発直前までゴタゴタがありましたが、無事に出発が出来ました。
では、1日目から2日目お昼までのスケジュールをご紹介します。

【スケジュール】
 1日目
 朝から通常勤務 → 成田:夜発 → グアム:深夜着 → ホテル着:朝方

 2日目
 朝9:45集合 → 島内観光へ

もうお分かりの通り、寝ている時間が無いですよね。
眠いけど、頑張っちゃいましょう。
では、早速2時間半の「島内観光」へGO!!
島内観光は、タートルツアーで下記のルートを周遊します。

—————————————————–
10:20  DFSギャラリア出発
 ↓
10:50  パセオ公園、太平洋戦争博物館、アプガン砦
 ↓
12:05  ラッテストーン公園
     聖母マリア大聖堂(車窓からの見学)
 ↓
12:45  恋人岬
 ↓
13:20  DFSギャラリア解散
—————————————————–

太平洋戦争博物館は、当時の日本軍の残された遺品や写真などがあり、戦争中にどんな生活をしていたのか、どんな表情をしていたのかを知ることができます。戦争の悲惨さを物語っており、とても身が引き締まりました。

ラッテストーン公園は、謎です!(笑)
スペイン広場の裏手にあり、ラッテストーンと呼ばれる、高さ1.5~2メートルのサンゴでできた石柱群。

ハリギと呼ばれる石柱の上に、タサと呼ばれる頭石(キャップストーン)がのっているのが特徴で、こけし状の形をしているため宗教的な意味合いを持つとも、高床式建物の土台とも言われていますが、その実体については、まだ解明されていないとの事。
やっぱり、謎ですね★

 

では次に、魅惑の恋人岬になります♪
恋人岬は、グアムへ行く前からメンバーが気になっていた場所です。
なぜ「恋人岬」というのかと言うと。
スペイン統治時代に、チャモロの美しい娘が結婚を強要するスペイン人総督から逃れ、チャモロ人の恋人と永遠の愛を誓い、髪を結びあってこの岬から身を投げた、という悲恋伝説からこの名が付けられたそうです。

恋人岬って名前だと、悲恋伝説があったとは思えないのは私だけでしょうか。(苦笑)
それにしても絶景でしたよ~。
美しい景色。他には何も言葉はいらないですね。

今回の島内観光ですが、内容が凝縮されていて普段気にも留めず生活をしている私達には良い刺激となりました。勿論、美しい景色に癒されて気持ちもリフレッシュが出来たと思います。

って、まだまだ2日目の午前中です。
これから、どんな旅の思い出が書かれるのか乞うご期待です♪

次回、東京アドエージェント社員旅行の2幕目をお楽しみにぃ~

【カテゴリ検索】

【日付検索】



社長日記

採用情報

当社が紹介されました。