社長日記

トップ ≫ 社長日記  ≫ 【過去へ戻りたいですか?】

社長日記
2015.2.10

【過去へ戻りたいですか?】

こんにちは、筒井です。
私、自慢ではないですが1日24時間では足りないくらい働いています。
最近の口癖は「質も量も徹底的に拘る!」です。
あ、これは「寝てない自慢」ではありません(笑)

仕事に時間を割きつつも、実は睡眠時間を削ってまで結構テレビ見ます。
(2010年にこんな社長日記【私、テレビっ子です】を書いていました~)

今回は、昨年から今年にかけて見ているドラマのお話をしたいと思います。
まず1つ目は、昨年10-12月で放送されていました「素敵な選TAXI」です。
ご覧になっていない方の為に先ずはこちらをどうぞ↓↓↓

 

「素敵な選TAXI」
http://www.ktv.jp/sentaxi/introduction/index.html

「もしもあの時、別の道を選んでいたら…」。
人生にそんな後悔はつきもの。
“選TAXI”は、過去に戻って人生の選択を
やり直すことができる不思議なタクシー。
話好きでおせっかいな運転手の枝分(竹野内豊)が、
あなたの人生の再生をお手伝いします。

 

結論から言うと…すごい面白かったです(笑)
オムニバス形式で各回に好きな役者さんが出演されていて、なかなか良いキャスティングと面白い展開で毎週火曜日が楽しみでした♪
個人的には、ドラマ内に出てきた“犯罪刑事”が好きです(笑)

そして2つ目のドラマは「流星ワゴン」。
今年1月から放映している話題のドラマですね。
これまた、ご覧になっていない方の為に先ずはこちらをどうぞ↓↓↓

 

「流星ワゴン」
http://www.tbs.co.jp/ryusei_wagon/intro/

「あなたには、過去をやり直したいと思ったことがありますか?」
絶望の淵に追い込まれ、「もう死んでもいい」とさえ感じていた永田一雄。
そんな時、突如目の前に現れたワインカラーのワゴンカー。
運転していたのは橋本義明、助手席に座るその息子・健太。

行き先は、一雄の人生にとって大切な分岐点。過去の世界。
後悔の人生をやり直すためのドライブが、いま始まる。

 

現在、第4話まで見ましたがこれまた見逃せない展開で、
毎週日曜夜が楽しみで仕方ないです(笑)
個人的には、ネガティブな役柄を好演している西島秀俊さんが新鮮です♪

 

というわけで、勘の良い方はお分かりになったでしょう。
2つのドラマの共通点は「過去に戻って人生をやり直す」です。

なお、余談ですが・・・
ちょっと昔に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」という名作がありました。
ドクとマーフィーにワクワクしたものです。(パート2では未来へ行きましたが、その舞台が今年2015年らしいですよ!時が経つのはホントに早い!笑)

ちなみにタイムマシンものの傑作と言えば・・・
2005年に公開された「サマータイムマシン・ブルース」です!!!
「!」を3つ使っちゃうくらい大好きな映画です。
過去に戻る理由がくだらなすぎて面白いです(-_-)
必見ですよ(笑)

 

脱線しすぎたので、、そろそろ本題へ!
弊社は、今年6月で10周年を迎えます。
10年も会社をやっていれば、喜怒哀楽な出来事がたくさんありました。
そんな中でも、振り返りたくない様な“黒歴史”も存在します(涙)
若さゆえに…なんて言い訳はしたくはありませんが、今思うと「あの頃は青かったな~」と思う出来事はありました。

でも、100%言える事は「過去に戻って人生をやり直したい」と思わないのです。
確かにやり切れなかった事や後悔する事は山ほどあるのですが、その時その時において自分の全力を出し切っていたので致し方が無い…と思えるのです。

 

不思議なもので同じ人間でもビジネスでは過去に戻る気持ちは全くないのに、これがプライベート(特に恋愛!笑)ともなると「あの頃に戻って、もう一度やり直したい!」と心から思ってしまうのです(笑)

あの日あの時になんであんなこと言っちゃったのだろう…という後悔から、あの場所でなんであんな風に出来なかったのだろうという後悔まで…あ、全部、後悔ばかりです(笑)

選TAXIがあれば、迷わず枝分さんにお願いするところです!
(ひとまず昨年10/25のお台場・潮風公園へ戻りたい!笑)

 

また脱線してしまったのでビジネスの話に戻ります。
私の中で過去に戻りたくないという事は、常に「全力で100%を出し切っていた」証だと思っています。

前回の社長日記では・・・社員研修において「正社員、アルバイトなどの雇用体系に関係なく業務に対しては、限りなく全力で行う事」と書きましたが、そういう意味では自分でもある程度出来ていたのかな~と思っています。

勿論、全く満足はしていませんし、これからもっと成長したい気持ち、成長しなければいけない危機感でいっぱいです。

そうなんですね。
ビジネスの話になると「過去よりも未来へ」目を向けてしまうのです。

これは、あまり語ってこなかったことですが「10年やりきった!」と気持ちよりも、東京アドエージェント株式会社は「まだ10年しか経っていない」という気持ちが強いのです。

これから20年、30年とリスティング広告を通して皆様に愛される会社にすべく、これからも精進して参りますので引き続き宜しくお願い致します!

【日付検索】



社員日記

採用情報

当社が紹介されました。